Home > SONY Products Review > au A5404S

au A5404S

僕の持っているデジタルツールで唯一、ソニー製品でなかったのが、ケータイ。
シャープの J-SH07 でした。
S は S 何ですけどね(笑)ソニー端末にするには、ドコモか au にキャリア変更するしかなかったのですが、どうもコレといった端末がなかったのですよ。
505i にも惹かれませんでしたし、着せ替えできてもデュオが使えないんじゃな、と。
そんな中、A5404S の発表がありました。
デュオも使えるし、デザインも納得いくし、ボーダフォンの新しい端末たちもイマイチだったし・・・ということで、au に乗り換えました。


au A5404S

新規で 24,800 円でしたが、約 2 年半ぶりのケータイ変更。
その機能の向上に驚くことになりました・・・。


この端末、モバイルムービーに重点を置いたもので、デュオに録画したテレビ番組の再生が行えます。
それで、折りたたみを 2 段階に調整できます。
左は、ムービースタイル。
机に置いて、ムービーを見る時はこの形。


横から見るとこんな感じになっています。
メール閲覧なら、このポジションでもいけます。


通話、メール作成などは、完全に開ききって行います。


これも横から見てみますが、このアクセントあるライン、なかなか良いのではないかと思います。


左側面には、シャッターボタンや、ムービーボタン、そして、メモステデュオのスロットがあります。
端末を閉じた状態でも、カメラの起動・撮影が行えるわけです(サブディスプレイがファインダーになります)。


右側面。
イヤホンやケーブル端子はこちら側に。まぁ、基本的に使いません(笑)


デュオはここから挿入します。
カバーを開けるのが、やや面倒。
この出し入れ何とかならないかなぁ。
スロットにしっかり差し込まなくても、カバーを閉じることで固定されて使えるようです。
カバーを開けると、デュオが勝手に出てきますが・・・。


デュオ経由で PC から壁紙を取り込むことも出来ます。
早速、プリズナー・オブ・ラブを入れてみました(笑)QVGA 恐るべし、といった感じです。
また、PC のデスクトップテーマのように、メニューデザインも変更することができ、ソフト的に着せ替えが受け継がれています。


サブディスプレイの壁紙も変更可能。
サイズは 100 × 100 です。


センタージョグというヤツです。
ジョグはともかく、操作感覚は J-SH07 と似ているので違和感ありませんでした。
ただ、各種ボタンがフラットで押していると結構指が疲れます・・・。
この辺は慣れなのでしょうか?
J-SH07 ではボタンが上に丸みを帯びていたので押しやすかったのですが。


メガピクセルのモバイルカメラ。
130 万画素とはいえ、画質にあまり期待してはいけません。
てか、ケータイのカメラは、さっと撮って、さっと送るという用途で十分だと思うのですが・・・。
まぁ、デジカメを持っていないなら、役に立つのかも。
ただ、原因不明の問題がひとつ。
メガピクセルで撮影し画像を PC で閲覧できないケースがありました。
ケータイでは正しく表示されているのですが、PC 上ではファイルが壊れた感じになっています。
とりあえず放置(ぉ


マクロモードまでありました。
これは、今では当たり前なんですか?
しばらくケータイに興味が湧かなかったので、その辺を把握していないのですが・・・。
まぁ、T1 の拡大鏡モードの前には無力に等しいですけど(笑)


背面にソニーエリクソンのマーク。
これもカッコイイです。
ちなみに、ここがスピーカーになってます。


予測変換機能も初体験だったのですが、QVGA になったことで、表示される語句も増え、さらに便利になっているのだと思います。
ただ、アドレス登録時には QVGA 表示にはならない模様。


プリインストールされているムービー。
BAD BOYS 2 BAD。
どうやら、車を落としているらしいです(笑)


カラーバリエーションのホワイト(お台場ソニースタイル展示品)。
持っていた J-SH07 がホワイトだったのと、ブラック&シルバーの方がシャープかなと思ったので、選択しませんでした。
どちらかというと、女性向けのカラーですね。


もしかしたら、こっちの方が指紋がつきにくい、あるいは目立ちにくい、素材・カラーかもしれません。
いや、素材は同じかな・・・。

先日頂いたソニスタの X505 ストラップと合わせて、かなりお気に入りの端末となりました。Mobile-eLIO など、これからもケータイにはいろんな機能が追加されていくと思いますが、個人的な最重要ポイントはデザイン。
機能を絞って本体をもっと薄くしてくれないでしょうか。
キーワードはエクストリームで(笑)とにかく、ソニー・エリクソンの au 端末に、これからも期待です。


A5404S のキモであるモバイルムービーですが、再生はできるものの、単独で録画する事はできません。
何かしらのレコーダーが必要になります。
その辺は、また今度。

Home > SONY Products Review > au A5404S

Page Top