Home > SONY Products Review > 5.1ch DVD/SACD システム DAV-S880

5.1ch DVD/SACD システム DAV-S880


DAV-S880

お待たせしました。ようやく『 柱 』の登場です。もう一昨年の話になりますが、ソニスタのお届け隊による 5.1ch デモにより、ホームシアターシステムの導入を最終決定しました。当時は学生で、借りていた部屋も狭いし、防音も何もないので、実家に戻ってからにしようということで、2003 年春から導入。前モデルのS800 から柱にしようとは決めていました。S880 になって、デザインも洗練され、プログレッシブ出力も可能になったので、これ以外にありませんでしたね。とりあえず SACD も再生できますし。

この DAV-S880 は、DVD/SACD プレイヤー+アンプの本体部と、5.1ch のスピーカーとサブウーファーがセットになった製品で、手軽にホームシアターを構築できます。一見、高そうですが、実はコストパフォーマンス抜群なのです。

購入時のポイントはいくつかあって・・・

 ★DVD プレイヤーが PS2 しかないので、専用機が欲しい
 ★スピーカーを配置するならスタンドも欲しい
 ★どうせなら SACD も再生できる方が良い
 ★プログレッシブには対応していて欲しい
 ★品の良いデザイン

こんなところでしょうか。S880 は全てを満たしてくれました。スピーカースタンドを 1 本 1 万円と考えると、本体+スピーカーの価格は 4 万程度となります(ぉ 単体の高級機には敵わない面や、システムアップできないという欠点がありますが、柱に存在感がありますし、何より連鎖的に散財しないで済むというメリットも(笑)


本体でまず目を引くのは、そのアルミボディのライン。「前面・天面部分を 1 枚のアルミ板から押し出し成型しており、前面から天面にかけて、つなぎ目の無い美しいラウンドフォルムを実現しました」とのこと。いや、実際に美しいです。


ボタンもデザインを損なわないように、最低限のもののみ配置。ボリュームダイヤルが多少デカイ気もしますが(笑)


そうなると、スロットイン方式の DISC トレイになるのですが、思っていたほど問題はありません。DISC に付く傷は使用者本人の扱い方による方が大きいです。


そして、S-Master フルデジタルアンプ。フルデジタルで音声信号処理を行うため、電力効率の向上、発熱の減少、小型化など、いろんなメリットをを実現しています。もちろん、音質にも一役買っています。ドルビーデジタル、DTS に加え、MPEG-2 AAC とドルビープロロジックII にも対応しています。


背面に回ると、流石に端子類が、たくさんあります。いつもの映像・音声端子の他に、ラジオチューナーのアンテナ端子もあります。D 端子は D2 まで対応。当然、光デジタル入出力もあるので、その気になれば、PS2 も 5.1ch で楽しめます。あ、アーマード・コアを 5.1ch でやろうと思ってやってないや(笑)


スピーカー端子は専用らしいです。色分けされているので、接続には手間取りません。


ルミナスリモコン。照明を落としても操作できる蓄光式ですが、過度の期待は禁物です。電池を入れる部分がやけに分厚く見えてしまうのと、反応というか、本体の受光角度が狭いのも難点。


こちらはセンタースピーカー。縦型のフロント・リアと共に同じデザインなので、横長になります。


側面(フロント・リア・サブウーファーは上面)に SONY ロゴが彫られています。


さて、柱です。S800 に比べるとスピーカー部が大きくなっています。ちなみに、柱の下半分と台座も分離でき、スピーカー+台座という構成で AV ラック等の上に置くことも可能。・・・らしいのですが、どうも上手く外せませんでした(笑)柱がこの機種の個性でもあるので、外せなくても構いませんてことで・・・。スピーカーはローテーションさせると良いと何とか。


サイズ的には僕の持っている矢筒と同じくらいです(ぉ いや、弓道家しか分からんよ、その比較は(笑)なお、弓道場では矢立としても、ご使用いただけます(ぇ


底をひっくり返してみます。ここからスピーカーケーブルが果てしなく伸びるわけです(ぉ


サブウーファー。5.1ch の 0.1 に相当しますが、デカイです。オブジェ的な形がなかなか良いのですが、デザインごみ箱と勘違いされる方もいます(汗)よくよく考えると、柱を太く短くしたデザインで、統一感に加え、形状を変えても無問題なデザインに感心してしまいます。

以上、ハード中心に紹介してきましたが、ソニーの DVD プレイヤーということで、デジタルシネマサウンド(シネマスタジオ EX モード)を搭載しています。簡単に言うと、映画館独特の残響を加えてやる機能です。いつもは、ソニー・ピクチャーズが誇る編集スタジオの残響特性を再現するモードにしています。
で、この製品にも問題点がいくつかある訳です。前述のリモコンとか、DVD の起動が遅いとか、実はちょっとした地震でも柱が倒れてしまいそうだ(ぉ とか。それでも価格も含めてトータルで見ると、かなりお買い得感のあるモデルだと思います。しかも、安っぽさがありませんからね。後継機のデザインが変な方向に逝っちゃった(笑)ということもあり、S880 の満足度はかなり高いです。まぁ、柱を立てないまでも、PS2 に HT-BE1 を繋げるだけで、全然違うので、場所がね~よと思っている方にも是非、試してもらいたいですね。

Home > SONY Products Review > 5.1ch DVD/SACD システム DAV-S880

Page Top