Home > SONY Products Review > SONY Products Review : WEGA と PSX で遊ぼう

SONY Products Review : WEGA と PSX で遊ぼう


ヨドバシカメラで初めて買い物をしてきました。
で、買ってきたものは、S 端子ケーブル、音声ケーブル、アンテナケーブル、分配器、DVD-R。
全部、PSX 関係のもので、合計 7,000 円くらい…って、ちょっと高い orz
アンテナケーブルと分配器は、レコーダーとしていけてない PSX の仕様上必須なのかな。
DVD-R は前回、失敗したので for PSX のロゴがあるヤツを。
S 端子は、ベガのメディアレシーバーからデジタル放送を PSX に出力して録画を試すため。
音声ケーブルは、MD 用。

早速、配線して遊んでみます。まずは分配器でアンテナケーブルを WEGA と PSX に。
ちなみに、ウチの WEGA は KDL-L28HX2 です。
安い所では、税込みでも 30 万切ってると思います。
とりあえず、PSX は『新選組!』を毎週録画して、EPG を取得して、たまにラルクの出演番組を録画してくれれば…。
WEGA で地上デジタルを見ることができるようになったのは、この前書いた通り。
ハイビジョンではありませんが、番組によってはアナログとの画質差は顕著で、結構キレイです。
『世界遺産』あたりを見るといいかもしれませんね。次にそのデジタル放送を WEGA から S 端子出力して、PSX で録画してみました。
結果、できました(当たり前ですが…)。
面倒だったので、DVD に焼けるかどうかは試しませんでしたが、仕様では不可なようなので、多分できないでしょう(移動もできないはず)。
WEGA からの出力なので、録画するときは、その番組を見ていないといけないんですけどね(苦笑)そして、DVD へのダビングをリベンジ(ぉ
記録型 DVD の売り場で気がついたのですが、前回焼こうとしたメディア、4 倍速対応じゃなかったや(ぉ
そりゃ失敗するよと心の中で自分にツッコミつつ for PSX を買いました。
えっと、問題なく焼けました。
HQ モードの映像 1 時間を約 15 分でダビング完了。
少しホッとしました(笑)
乱立している DVD 規格の他に、書き込み速度も気にしながらメディアを選ばなければならないのは、フツーのお父さん・お母さんにはツライのではないかと、少し思いましたが…。
PSX に限ったことではないですけどね。
さて、出来上がった DVD を DAV-S880 で再生してみましたが、ライブ映像をダビングしたということもあって、5.1ch になると迫力が違います。
ただ、チャプターも何も無い、単なるコピーしかできないようなので、やっぱりレコーダーとしては…。

残されたのは、縦置きすることのみ(ぉ
縦にした時の、DVD の出し入れが少し面白いかな…。
ヴァナ・ディールにも行けるので、いろいろデキるヤツなのですが、レコーダーとして売ってる割に、その部分がイマイチなのがアレですね。
松下の偉い人が言ったセリフにも納得する訳です(ぉ

ホントは、BS デジタルのアンテナを買おうかとも思ったのですが、もう少し調べてみてからにします。
そもそも、ウチにアンテナ取り付ける所あるのかなぁ…。

Home > SONY Products Review > SONY Products Review : WEGA と PSX で遊ぼう

Page Top