Home > SONY Photo Review > サイバーショット 2004 秋

サイバーショット 2004 秋


先行展示された新サイバーショットを見に、お台場ソニースタイルへ行ってきました。

まずは、L。
ソニスタオリジナルモデルは、まだ置いてなかったので、通常の 3 モデルです。
カラー+質感が、それぞれ異なるオシャレ装備としての位置づけ…な印象。
デジカメよりも、モノとしての価値を楽しむ製品なのではないでしょーか。
個人的な感想としては、シルバー+ヘアライン=定番、ブルー=何か普通(ぉ、レッド=指紋がつきやすい、といったところ。
この手の製品には、性能はあまり求めないタチなのですが、P100 と同程度のスッペクを実現してくれたら買うかも。


まぁ、ヨン様がイメージキャラクターになっている訳ですが、IXY DIGITAL L に対抗するなら、チャン・ツィイーさんにして欲しかったなぁ(ぉ


で、T3。
レンズカバーが無くなった分、薄くなり、デザインもすっきりした感じになりました。
しかし、薄くなった!という印象は、それほど強くありません。
ブラックモデルが後出しでない所は、評価できるかも(…そうなのか?)。


一方、液晶ファインダーの変化は、かなり大きいと思います。
持って行った T1 と比べてみると、全然違う…というか、色味が別物なのって変?
ここに載っている写真は、T1 での撮影ですが、全体的に黄味が強いと思うんですよ。
T3 だと、その部分が白いんですよね。
ちゃんと見なかったけど、撮影モードの設定が違ってたのかなぁ…と、帰って考えてみると、ホワイトバランスが違ったのかも?
次ぎ行ったら確認してみよ。


最後に V3 です。

もー T1 ブレすぎ。
あまりにカメラ然としているので、僕はパスなんですけど、隣にいたおじさんは、買いそうな雰囲気でした。
値段(8 万円)を聞いて、「あ〜安いな〜」と言ってましたから(笑)
メモリースティックとコンパクトフラッシュを併用できるのがポイントっぽいですね。
スタッフの方は「これは、ちょっと起動時間が雄大なんですよね」とナイスフォロー(?)をしていました。


この後、P100 を触っていたのですが、新モデルを含めても、やっぱり P100 がベストチョイスな気もするなぁ。

Home > SONY Photo Review > サイバーショット 2004 秋

Page Top