Home > SONY Products Review > SONY Products Review : タッチパッド付きワイヤレスキーボード VGP-WKB1

SONY Products Review : タッチパッド付きワイヤレスキーボード VGP-WKB1


ワイヤレスキーボードを買いました。
今までは、キーボードをワイヤレスにしてどんな効果があるのか、いまひとつ理解できていませんでした。
ところが、PSX で FFXI を遊んでいると、本体から延びてくるコントローラーとキーボードのケーブルがうざったい+片付けも面倒ということに気がつきました。
そこでワイヤレス化…というのは半分で、実家に PS2、出張先には PSX の二段構えなのに、キーボードが 1 個しかなくて、困っていた…というのが大きいかと(笑)

そんな折、VAIO ブランドでワイヤレスキーボードが発表されたので、買ってしまうことに。


VAIO 的にはフツーのキーボードです。
デザインも、キーボードカバー兼パームレストも標準的。
しかし、この当たり前な部分は他では見つけにくいのではないでしょーか。
カバーを開けた時のキーボード部分からのデザインの連続性とか、未使用時にはキーを隠せるとか。
タッチパッドはこの際、どうでもいいです(ぉ

レシーバーです。
どこに置いても違和感の無いデザインになってる気がします。

ワイヤレスマウスは、VAIO 付属や単体販売されているものと同じなので省略。
ただし、2.4GHz 通信なので、取り替えて使うことはできません。

キーボードの電源スイッチは右側にあります。

タッチパッドのスイッチは別にあるので、使わない場合は切っておくことで、電池の消耗を防ぐことができます。
なので、早速 OFF に。

ワイヤレスになったことで、確かにすっきりしました。
キーボード配列やタッチが、今まで使用していたものと違うのは慣れるしかないですね。
電池交換が必要な所はネックかな、とも思っています。

…しかし、これで 15,000 円とういうのは、やっぱり少し高かったかも(苦笑)

Home > SONY Products Review > SONY Products Review : タッチパッド付きワイヤレスキーボード VGP-WKB1

Page Top