Home > おしごとブログ 2005 > HSQLDB を使ってみる

HSQLDB を使ってみる

まずは eclipse からと思ったのですが、3.0.2 がなかなか落とせないので、先日使った HSQLDB という Javaベース(といって良いのかな?)の RDB の導入から。

http://hsqldb.sourceforge.net/

最新バージョンは、1.7.3.3 の模様(2005/3 現在)。
ダウンロードした zip ファイルを解凍して hsqldb フォルダができればインストール完了です。
このフォルダ配下に DB ができる(変更可能ですか?...知りません!)ので、適当なところに解凍して下さい。

■サーバの立ち上げ
 1.コマンドプロンプトで hsqldb\lib まで移動
 2.サーバを起動
   java -cp hsqldb.jar org.hsqldb.Server -database データベース名 -port ポート番号
   引数を指定しないと、test という DB ができて、ポート番号は、9001 を使うそうです(未確認)。

■テーブルの作成
 1.サーバを立ち上げたまま、別コマンドプロンプトで hsqldb\lib まで移動
 2.DB 操作 GUI を起動
   java -cp hsqldb.jar org.hsqldb.util.DatabaseManager
 3.初期設定
   Setting Name 任意(つけると次回から Recent で設定を選択可能)
   Type HSQL Database Engine Server
   URL jdbc:hsqldb:hsql://localhost:ポート番号
   その他はデフォルトで良いかな...と、OK をクリック。
 4.テーブル作成
   Clear と Execute の間のテキストボックスに CREATE 文を書いて、Execute をクリック。

...ん、SQL 知らんぞ(つづく

Home > おしごとブログ 2005 > HSQLDB を使ってみる

Page Top