Home > SONY > A と nano と

A と nano と

  • 2005-09-08 (Thu)
  • SONY

「復活」をかけたウォークマンの新製品が発表されました。

「新・ウォークマン」誕生ユーザーの好みに合わせて“進化”するウォークマンAシリーズ

ソニースタイル限定 新・ウォークマン 4機種6カラー発売

スクエアでもスティックでもなく新たに A という名が与えられました。
今回、復活に向けてのコンセプトが、いろいろあるようです。

■おもてなしの心
 手に取ったときの喜びなどを感じて欲しいと、パッケージにこだわった模様。
 ぶっちゃけ、iPod や X505 などの前例があるので、新鮮味はありませんが、気合が入っている事は分かります。

■ライフスタイルの提案
 これはソニスタそのものでも言われていることですが、具体的に何が出てくるのでしょうか。
 やっぱり、こだわりある使い方かなぁ?
 時間を知るための腕時計ではなくて、装飾品としての腕時計のように。
 …もうひとひねり必要か。

■コネクト
 SonicStage に代わる CONNECT Player が同梱されるようです。
 いろんなものと繋がること。
 う~ん、これも前々から言ってた気がするけど、見えてこないなぁ。

■マシン・インテリジェンス
 昔、コクーンでやろうとして、何処かに行ってしまったヤツかな(ぉ
 行きつけの店で何も言わなくても、お客が欲するメニューが出てくるように、ウォークマンも音楽を聴かせてくれるようになるのでしょうか…。

んじゃ、製品の方を見てみっか。

■NW-Ax000

HDD タイプのウォークマン A。
3000 が 20GB、1000 が 4GB のモデルで、iPod と iPod mini のような関係でしょうか。
NW-HD1 はウォークマンらしいデザインでしたが、それ以降は微妙だった HDD モデルのデザイン。
今回は、かなり方向転換してきました。
スティック系に合わせたデザインで、iPod 然とした NW-HD5 に比べると個人的には好印象。
カラバリとしては、3000 にバイオレット、シルバー、ブラック(ソニスタモデル)、1000 には更に、ピンク、ブルー、ゴールド(ソニスタモデル)。
このデザイン、折りたたみ式ケータイに持ってきても面白いかもしれませんね。
ただ、操作性と 3000 のサイズと重さが心配かな。
再生機能としてアーティストリンクとインテリジェントシャッフル(よく聞くシャッフル・タイムマシンシャッフル)を搭載。

■NW-A60x

E50x 系をそのまま受け継いだメモリモデル。
カラバリは、通常モデルのバイオレット、シルバー、ピンク、ブルーの 4 色+ソニスタモデル 2 色。
バイオレットは、写真では鮮やかな青に見えます。
その他は、E50x のカラバリと同じような感じですね。
ソニスタモデルとして、ゴールドとエメラルドブルーが用意されており、エメラルドブルーは、なかなか面白そうな気がします。
再生機能としてインテリジェントシャッフル(よく聞くシャッフル・タイムマシンシャッフル・アーティストリンクシャッフル・スポーツシャッフル)を搭載。

で、マシン・インテリジェンスを示す再生機能ですが…

■アーティストリンク
 「楽曲の再生中に、気に入ったアーティストに近いジャンルのアーティストをHDD内の音楽ライブラリから紹介します。紹介されたアーティストの曲は、曲の途中からプレビュー再生してくれるので、曲を聞きながら、次に聞きたいアーティストを気分に合わせて選ぶことができます」
 新しい検索方式ってところですかね。

■インテリジェントシャッフル
 よく聞くシャッフル : 普段よく聞いている曲だけを集めてシャッフル。
 タイムマシンシャッフル : ランダムに選ばれた年に発売された曲をシャッフル。
 アーティストリンクシャッフル : ランダムに選ばれたアーティストと、近いジャンルのアーティストの曲をシャッフル。
 スポーツシャッフル : 設定した時間の長さでシャッフル再生。
 …馬鹿の一つ覚えシャッフルでは無いと言いたいのでしょうか(ぉ

目指す所は、聴きたい時に聴きたい曲を聴かせてくれるウォークマンなのでしょうか。
僕の使い方で言うと、通勤用シャッフル、帰宅用シャフル、休日用シャッフル、飛行機用シャッフルとか(ぉ
ボタン一発で聴きたい曲が再生されるなら、ディスプレイの視認性が悪くても…?

そう、いずれの機種も気がかりなのは、屋外でディスプレイが見えるのか(ぉ と、指紋のベタつきですな。
特に A1000/3000 は、かなりベタベタしそうな気が…。
あぁ、クリーニングクロスでふきふきするのもライフスタイルの提案か(ぉ

個人的なイチオシとしては、ソニスタ限定エメラルドブルーの NW-A608/LI を挙げておきます。

やぱっり、あのサイズと操作性が何よりでしょ。
でも、おもてなしの心とか言っておいて、付属のスマートクリップが改善されていなかったら嫌だなぁ(ぉ

復活といえば、ソニスタのトップページに戻ってきました。

Network Music Style

おかえりなさい(笑)


ソニー、有機ELディスプレイ搭載の「ウォークマンA」-20/6GB HDDとフラッシュ型。WMAにも対応予定(AV Watch)

ソニー、有機EL/流線型ボディの20/6GB HDD「ウォークマンA」-好みの楽曲をプレビュー再生する「アーティストリンク」搭載(AV Watch)

ソニー、スティック型ウォークマンの新モデル -CONNECT Playerでインテリジェントシャッフル対応(AV Watch)

一方、アップルからも iPod の新製品が登場。

iPod nano

ラインナップ的には mini をリプレースする形の nano ですが、HDD ではなく、メモリタイプになっています。
うすちーさい iPod(ぉ
でも、向こうでは鉛筆に対して厚いという言葉を使うのでしょうか…どーでもいーですが。
ウォークマン A1000 と、nano 4GB だったら、どっちを選ぶかなぁ…。
カラー液晶だしなぁ…。

Apple、カラー液晶搭載の「iPod nano」-鉛筆と同じ厚さ。2GB版21,800円/4GB版27,800円(AV Watch)

Apple、超薄型軽量の「iPod nano」発表(ITmedia)

Home > SONY > A と nano と

Page Top