Home > WarlockReport Revolutions > 2-84 アーク・ガーディアン

2-84 アーク・ガーディアン

??? 「ジラートでも救世主を止められなかったか」

闇の中からの声。
モニターにはある映像が映し出されていた。

??? 「おまけにトレイマンがしくじったおかげで、ヤツは再びデュナミスに戻った」

また別の声。
同時に奇妙な形の机に、ファイルが投げ出された。
記録されている内容は読み取れない。
しかし、羽根の付いた帽子を被った男の写真が確認できる。

??? 「【力】を失ったヤツでは、デュナミスを出ることは叶わぬ。それよりも救世主の方だ」

獣の様な声。
ガルカだろうか。

??? 「あの方は救世主に、ここまで来て欲しいと思っているのでは?」

次は女、いや、独特の響きからすると、ミスラのようだ。

??? 「完全に覚醒していなければ、来た所で意味は無い」

最初の声の主―長身のエルヴァーンが、それに答えた。

??? 「では、次はこれだ」

机に新たなファイルが示された。

??? 「ふむ…。それで、ヤツの【力】はどうする?中途半端に動かれても面倒だ」

??? 「僕が始末しようか?一度、会ったけど、どうってことないヤツだったよ」

5 人目。
それは子供のような声だった。

??? 「ならば、お手並み拝見といこうか」

その言葉と共に、モニターの映像が消えた。

Home > WarlockReport Revolutions > 2-84 アーク・ガーディアン

Page Top