Home > NINTENDO DS > ファイナルファンタジーアドバンス

ファイナルファンタジーアドバンス

スクウェア・エニックス、「ファイナルファンタジーIV」に続き「V」、「VI」のGBA移植プロジェクトをスタート

FFIV に続いて、V・VI の GBA への移植が正式発表されました。
SFC の 3 作は、完全移植+オマケという形で PS に移植されていました。
今回は完全移植をベースにしつつも、追加要素が盛り込まれる雰囲気。
I・II ほど見た目の進化は無いかもしれませんが、ダンジョン・バトル・アイテム等に追加があるかもしれません。
で、VII 以前の移植動向をおさらいしてみると、以下のようになります。

■I・II
 2 作を一本のロムにまとめた FC 版(移植じゃないけど)
 システム・グラフィックを改良した WS 版
 WS 版に CG ムービーを追加して焼き直した PS 版
 さらに新規ダンジョンや裏ストーリーを追加した GBA 版

■III
 3D 化で完全リメイクの DS 版

■IV~VI
 FFIV イージータイプ(ぉ
 FFVI に PC 版なかったっけ?
 完全移植+オマケ+CG ムービーの PS 版
 完全移植+追加要素に期待の GBA 版

ということで、DS があれば、一通り遊べますね。
携帯機に移植するメリットが、魔界塔士 Sa・Ga の頃から思いつかなかった(ぉ のですが、【携帯機で遊ぶ層=子供たち】という乱暴な図式で考えると、この時代、3D 化以前の作品が彼ら提供されるのは、それなりに意味があるのかなと。
僕あたりの世代はファミコンから順を追って、ゲーム機の変遷を見てきているのですが、今のお子さんたちって、初めて遊ぶテレビゲームが 3D バリバリでリアルなサバイバルホラーとかで、いわゆるゲームとリアルを区別する能力が育ってないのでは?と思ったりします。
言い方を変えると、現実認識能力が、ある程度成熟する前に、リアルなゲームに出くわして、ちょっと困った事になっているのかなと。
…根拠も裏づけも無いですが。
当時、FF を遊んでいた子供たちが親になる時代ですし、自分の子供とのコミュニケーションのネタにできるのも良いかもしれませんね。
メーカーとしては、資産の有効活用+低コストってのもあるのかもしれません。
あるいは、III のリメイクを餌に、他のタイトルも買ってもらおうとか、その逆とか(ぇ
ふっ、そんな手には…乗るかもしれないなぁ(ぉ

Home > NINTENDO DS > ファイナルファンタジーアドバンス

Page Top