Home > FINAL FANTASY > 【再考】DIRGE OF CERBERUS FINAL FANTASY VII

【再考】DIRGE OF CERBERUS FINAL FANTASY VII

さて、と。

DIRGE OF CERBERUS FINAL FANTASY VII

その後、いかがでしょうか?
若干、このゲームに対する印象が変わってきたので、一応、書いておくことにします。
ネタバレ注意でドーゾ。

と、追記形式で書くのですが、RSS リーダーとかだと意味無いかもしれないので、クッションを。

シリーズ初の“ガンアクションRPG”で「FFVII」の世界を改めて堪能する(ITmedia)

と、ITmedia にレビューが上がっています。


では、本題。


まず、操作性。
上記のレビューにもありますが、慣れると何とかヴィンセントを操れるようになってきます。
エンディングを迎えた後、再び最初から始めると、自分が操作に慣れたことを実感できました。
一度クリアした内容なので、当たり前な気もしますが、そこそこ動いてくれると思います。
ただ、ゲームの操作性(+ヴィンセンとの動きの悪さ)を【慣れ】で何とかするべきか否かは、それぞれにお任せします。
ゲーム的なポイントとしては、カスタマイズで銃を重たくしないというところですかね(ある程度重くなると、構えながら移動できないっぽい)。

次に、長~いイベント。
膨大なイベントにガンアクションが挟まっている感じなので、2 度目のプレイでイベントスキップを行うと、割とサクサク進みます。
クリア後に、イベントビューアーが追加されますが、ほとんどはセーブデータで(=ゲーム上で)すぐに再生できるものなので、もうひとひねり欲しかったです。

最後に、隠し要素など。
GはGレポートを集めないと出てきませんが、動く CG キャラとの絡みがあるものと思っていたので、少し拍子抜け。
CG の背景に実写のGってのは、フツーな感じかと。
Sのプロトタイプ、片翼の天使として今後も登場するかどうかは謎。
イベントビューアー追加のためのカプセル探しは、そこそこ夢中になりました(まだ全部集めていない)。


ということで、初プレイの時よりは、マシな感触になってきましたが、やっぱり、デビルがいいなぁ。

Home > FINAL FANTASY > 【再考】DIRGE OF CERBERUS FINAL FANTASY VII

Page Top