Home > SONY Products Review > 甦る青

甦る青

結局、W41S に落ち着きました。

W41S

W41CA にしようか、5x まで待とうか迷ったのですが、価格が 25ヶ月以上で、10,000 円弱だったので、A5404S からのアップデート感覚で機種変。
CA をやめたのは、薄さよりも長さのインパクトがあったのと、CA はやっぱり C.A が持つべきで、shunmi は S だろうと…。
カラーは、アズライトブルー。
プラチナシルバーは無難過ぎ、パールホワイトは PCV-W500 のような感じだったものの、内装はピンクなのでパス。

初日の感触としては、

■同じ厚さでも軽くなってせいか、デザインの妙か、A5404S より薄く見える
■(2 年ぶりの新端末のため)各アプリの動作のもっさり感が解消された
■(同じく)機能・インターフェースも、それなりに進化している
■(同じく)キー配置に対する慣れが必要だ
■ローサたんが案内してくれる EZ ナビウォークが使えるようになった(A5404S 直後にサービス発表・開始)
■au Music Player は、そこそこいけるかも

などなど。
レビューは、また後日。

関連記事
ケータイ新製品SHOW CASE W41S(アズライトブルー)(ケータイWatch)
FeliCaをスマートに使えるスタンダードな音楽ケータイ「W41S」(ケータイWatch)
WINハイエンド機「W41S」の基本機能をチェックする(ITmedia)

Home > SONY Products Review > 甦る青

Page Top