Home > IT > 必然

必然

  • 2008-05-13 (Tue)
  • IT

取り上げておかないといけないような気がして。

三菱UFJ銀:システム障害 原因は単純ミス(1)カタカナと漢字、違い見落とし(毎日 jp)

「他行のATM(現金自動受払機)経由の取引は盲点だった。想像力が及ばず、リハーサル項目からも抜け落ちていた」

盲点という発言で、そのレベルが知れてしまうのですが、残念ながらそれが事実。
自行のシステムとはいえブラックボックスを扱っているのだから。
本当に「誰の」システムか分からない。
銀行の?統合前の各行の?ベンダーの?下請けの?

障害の原因は、通帳未記帳の件数が10件以上ある顧客に、記帳を促すメッセージを送る際の文字コードが、セブン銀は「カタカナ」なのに、三菱東京UFJ銀の新システムは「漢字」だったという「初歩的なプログラムミス」(業界関係者)。

おそらく、その仕様を誰も知らないのだ。

セブン銀のATMもリハーサル対象ではあったが、障害を起こした取引はテストしなかった。

あるいは気がつかないか。
その道、数十年のベテランですら把握しきることは不可能。

急速に普及するコンビニATMの取引をすべてリハーサル対象に含めなかった三菱東京UFJの対応は「お粗末」とのそしりを免れそうにない。東京・丸の内のATM障害の現場に駆けつけたセブン銀の安斎隆社長は「準備不足」と批判した。

さらに、銀行にはその「急速さ」に対応する能力は無い。
準備の何が不足しているのかも、終わってみなければ分からない。

三菱UFJ銀:システム障害 原因は単純ミス(2)移行、高まる不安--旧UFJ店(毎日 jp)

7月から12月まで5回に分けて段階的に実施する旧UFJ店からの移行について業界では「想定外の障害が多発するのではないか」と不安視する声も出始めた。

という怪しい臭いだけは、みんな嗅ぎ取っているのだけど。

02年4月に旧富士、旧第一勧業、旧日本興業の3行が合併し、発足したみずほ銀では、初日に10万5000件の口座振替の処理が遅れるなど大規模なシステム障害が発生。障害は1カ月以上続き、処理遅れ250万件など顧客に多額の損失が発生した。

間違いなく能力の限界を超えた事をやろうとしているから歪みも必然。

三菱UFJ銀:システム障害 原因は単純ミス(3止)ゆうちょ銀など6金融機関影響、公表11時間後(毎日 jp)

同行は「事態の全容把握に手間取った」(広報)と釈明したが、金融庁には午後の早い段階で報告していた。障害発生の発表が早い時間から行われていれば、顧客が入金でむだ足を踏まずに済んだ可能性もあり、同行の姿勢は「顧客軽視」との批判を呼びかねない。

これはシステムとあまり関係ないけど。
何らかの温床ではあるかも。

金融庁が今年1月、同行のシステム統合の準備状況を重点的に調べる「ターゲット検査」を実施していたことについては「サポートをしてきたが、統合初日にトラブルが起きたことは残念」と述べた。

お上のサポートなど焼け石に水。
ある時は火に油か。

そもそも―。

全ての開発者がどれだけ心血を注いだとしても、不可能なことをやろうとしているのではないでしょうか。
そう思えてなりません。
金融系の基幹システムは「遺跡」のようなもので、「設計図」もなく、手を加えるには開発者が「発掘」しないといけないのです。
統合となると、異なる文化の「遺跡」をひとつにしなければなりません。
それがどれだけ困難なことか。
しかも、その「発掘」や「復元」には現代の(最新)技術を利用することができないのです。

おそらくこれからも「遺跡」が壊れないように「保存」していくのが精一杯のような気がします。
代替不可能なインフラとして機能している以上、リスクをとって新たに「創造」することもできず。

それが理由で身を引いた私が言うのもなんですが、「発掘」している当事者は大変なのですよ。
単純ミスで批判したり片付けたりすることは可能ですが、一連のシステム統合時の不具合についは、もっと別の視点から考えないといけない気がします。
それこそ「国家機構」の仕事、かも。

Home > IT > 必然

Page Top