Home > SONY Products Review > NW-E026F #1

NW-E026F #1

しばらく使ってみました、NW-E026Ficon
操作にもジョジョになれてきたの、そろそろいっておきますか。
懐かしの SONY Products Review

NW-E026F

小さい?

NW-E026F NW-E507 NW-E5

いや、サイズ自体は 20 世紀から変っていない世界。
2000 年の NW-E5、2005 年の NW-E507 と並べてみました、ハイ。
メモリは 96MB、1GB、4GB と増加、価格は反比例して低下した世界。

NW-E026F

そんでもって、側面と背面。
側面左から、再生モードの切替(長押しで音質変更)、アルバム・曲送りの切替(長押しでメニュー)、音量ボタン。
背面にはアタッチメント装着部。

NW-E026F

反対側はホールドスイッチ。

NW-E026F

再生・停止、送り・戻しは前面に。
E507 からの移行で最も大変なのが、このボタン配置による操作性の変更す。
これまで本体を見ずに片手でシャトルジョグ操作できていたものが、ボタンがあちこちに散らばって・・・。
慣れるまでは見ながら操作しないとツライ感じ。

ただ、E507 のどうしようもないリピートボタンの位置からは解放されました。

私としては、送り・戻しは、通常=曲、ダブルクリック=アルバム、長押し=アーティスト・・・のように遷移してくれると、楽なのですが。
ハードとしての操作性もそうですが、GUI 周りももう少し。
ディスプレイが 3 行表示とはいえ、見せ方が旧世紀的です(これはマズイ)。
i なんとかの UI と UE が、あれだけ騒がれているのに大丈夫なんがけよ?

NW-E026F

しかし、音楽プレイヤーにもなる USB メモリとしては申し分ないという見方も。

ウォークマン : iPod = PS3 : Wii = メインフレーム : Web みたいな式が私の中で出来つつあるのですけど。
それは自分がオールドタイプってことなのか。
SONY という重力に魂を引かれた・・・。

Home > SONY Products Review > NW-E026F #1

Page Top