Home > WarlockReport > Re: 種の感想

Re: 種の感想

少し遅くなりましたが、Webエクスペリエンスを創る種の感想(会場アンケート)を実行委員から頂いたので、コメントしてみます。

その前に簡単なまとめを。

元々、技術的な話をするつもりがなかったので、そちら期待されていた方には物足りなかったかもしれません。
また、手法から入るとそれに捕らわれてしまうかなと思ったので、アジャイルにしても人間中心設計にしても、具体的なプラクティスは紹介すらしませんでした。
これはスライドを作っている途中からも、後で「守破離」の話を聴いてからも、少しくらい紹介すれば良かったかなと。
そして、今回の目的は「心の変革」を誘発することだったので、いろいろ削ったところもあります。
感想を読んでいると、変革までは行かないとしても、「きっかけ」くらいにはなったようなので、及第点には届いたかなと思うのですが、どうでしょうか?

それでは、ドーゾ。

なお、slideshare 版は社内版と少し違うので、感想と辻褄が合わなくても、そっとしておいて下さい。

身内から

技術以外のことで大切なことを思い出しました。

私も思い出しました。
心を亡くすと忘れがちなので気をつけたい世界。

聞きやすかった。

ありがとうございます。

【クリスタル】を理解できるようになった気がします。

【クリスタル】はボトムアップを受け入れ可能な抽象性が逆に良いのかなと再認識しました。

技術的なコトだけでない仕事の取り組み方について考えなおせたので良かったです。

狙い通りです。

豊富な参考文献

先人(先を行く人)の智恵を大切に。

共感することも多かった。

プロジェクトも、そこがスタートなのだと思います。

非常に考えさせられる内容でした

考えの「きっかけ」が変革に繋がればと思ってやりました。

本のSales?興味深かったです。

宣伝ではないですけど、レコメンドとして。

PPTが印象的だった。

私の「印象に残った」いくつかのプレゼンを参考にしました。

もっと具体的な内容があったら良かったのではないかなと思います。

今回はあえて外したのですが、今後ライトニング勉強会などで紹介できればと思います。

仕事に対する取り組み方を考えさせられる発表でした。

それをゴールに設定してお話ししてみました。

通常あまり考えられていない視点からの話が聞けて良かったと思います。

それは何よりです。

今後の参考にしたい。

ドーゾドーゾ。

話し順、資料がわかりやすかった。

できたかどうかは別として AIDMA と物語性を意識していました。

理想に向けて行動しているのが素晴らしいです。

「いつかはたどり着くだろう?向かっているわけだからな・・・違うかい?」

おもしろかったです。

私も楽しみました。

自分の成長に本気で悩んで偉いと思う。

やはり「悩んでいる」印象なのでしょうか?

開発者として重要なことを再認識しました。

「開発マシン」ではなくて「開発者」であることが僕らの強みかなと思っています。

成長するための心構えについて考えさせられた。更にそれを周りに波及させる必要性についても。

「成長は大きくなること。しかし肥満ではない」とか。

プレゼンテーションの資料がわかりやすかった。

だとすれば、僕がこれまで見てきたスライドを作った方のおかげです。

自己紹介の先をもっと聞きたい。

自己紹介が長かったということでしょうか?


他の子から

導入としてわかりやすかった。考え抜いた末の【クリスタル】への回帰(発見?)などドラマチックな流れの中に人生のヒントが隠されているような気がしました。次の章も期待!!

人生のヒントは『ジョジョ』に隠されています。

ところどころで(85%くらい)共感できる内容ではありますが、手法に偏りがちっぽくてその点がいまいち自分の中で消化しきれなかったです。お疲れさまでした!

アジャイルにしても HCD にしてもあえて「手法」の話を外して考え方だけを示したつもりだったのですが、どの辺に偏りを感じたのでしょうか?

いつもの技術的な内容でなかったことが良かった。あとはもう少しイメージできるような具体例があると自分の実際への行動に反映しやすい。

具体例についても、考えるきっかけとして今回は外しました。
次回以降、お話するかもしれません。

システムとは、企画とは、という事ではなくて全体の考え方だったので、楽しくわかりやすくお話を聞けました。ありがとうございました。

それぞれの専門性が高まる、あるいは深まっていく世界ですが、それぞれの「調和」について考えてみたかったのです。

聞き手のことを考えていただけた発表で最後まで飽かずに聞くことができました。ありがとうございました。

そう思って頂ければ「人間(ユーザー)中心設計」の勉強をした甲斐があったというものです。

とても勉強になりました。

私も勉強になりました。

とても勉強になりました。普段忘れがちな根本的に大切なことを思い出させてもらいました。二部楽しみにしています。

第 2 部は今夏公開予定が未定になりました。
準備ができたらお知らせします。

開発寄りな話と思っていましたが、違う部署、職種は関係なく大切な言葉がたくさんあり楽しかったです。

昨年から開発および技術的な話はしないと決めていました。

全社的に聴かせたい

全社ミーティングで?

全部良い話ですが、それが作るArchitectureが見えないです。まさにAgile状態です。

その「アーキテクト」になりたいなぁと思っています。

個人的に経緯がある程度知っていたのでその辺りの結果がわかって良かったです。「言うだけでなく行動が必要」という点に共感しました。

あまり「言って」なかったので、今回は「言いました」。

話はおもしろかったです。もう少し技術的なことに踏み込んでいただいても良かったかなぁと思いました。

OpenSocial関連の依頼?もありましたが、今回は技術的な他の方にお任せしました。

モノ作りに対する情熱を感じました。次はもっと実際的な事を聞き、考えたい。

具体的というか細かいところは、ライトニング勉強会でやっていくかもしれません。

大いに刺激になりました。自分ももっとがんばらないとなーと思いました。

刺激もしばらくすると忘れるので、たまに突付いていきたいです。

もう少し斬新な内容を期待していました。

内容的にもプレゼン的にも、HTML5 のセッションに譲りました。

質疑応答の内容に質が高かったので、皆さん居るときにやってほしかったです。

この内容も含めてライトニング勉強会でフィードバックします。

お疲れさまでした。

ここまで読んだ方もお疲れ様でした。

Home > WarlockReport > Re: 種の感想

Page Top