Home > WarlockReport > 第 3 回 情報デザイン教育研究会に行ってきました #infoedu

第 3 回 情報デザイン教育研究会に行ってきました #infoedu

DevLOVE 2009 と同日にあった第 1 回から約一年ぶりに。

第1回情報デザイン教育研究会 開催しました(情報デザイン研究室)

履修証明プログラム「人間中心デザイン」でお世話になっている安藤先生(アンディ)や、クラスメイト(?)の chieihc さん、中の人だけどあまり聴く機会のない stj064 さんたちの発表もあったので、午後半休を贅沢(?)に使って 17 時会社を出て向かいました。

今回は参加者の中には知った顔の方も多くなってきました。

WebにおけるUXとは何か?

安藤先生に UX と UX デザインの違いについて説明を頂いてから個人的には UX の方に興味がよってきたの面白い内容でした。
「期待形成」「期待の調整」「満足・信頼の形成」「コンテキストシフト」については、誰の何処で起っていることなのか、もうちょい聞けばよかったかも。
続きは恐ろしいコミュニティで聞いてみるのも良いかな。

ぐるなびさん「社内勉強会 HCDのプロセス理解」

社内勉強会のお話。
観察の重要性については 1999 年に空条承太郎博士も触れています。

観察というのは...見るんじゃあなくて観ることだ...聞くんじゃあなく聴くことだ...でないと...これから死ぬことになるぜ...

カヤックさん「面白エクスペリエンス」

自分(自社)を正しく理解してもらうための UX デザイン的な。

@designkaz: 面白法人カヤックの林さんの発表。リクルーティングサイトで、入力していくと履歴書のようになったり、送信すると、社員全員の写真のメッセージがでたり、入力した人が満足するようなWebサイトの改善をした。 #infoedu

入力確認ページが履歴書という発想は徹底してると思いました。

サイバーエージェントさん「AmebaにおけるUX向上の取り組み」

具体的な事例を聞くと境界を超えてやる事をやった組織が先に進めるのだろうなぁ...といつも思う子。

CAUXのブログ(アメブロ)

WEBアプリケーション開発におけるUX

この発表はアジャイルの文脈で聞ける世界でした。

NTTドコモ野秋さん「UXを考慮したトライアルサービス開発事例」

約一年ぶりで履修プログラムの先輩から。

@stj064 さん「インターネット事業に適したHCD活用法とは?」

結構、面白いものを隠して持ってた子から。

楽天さん「楽天ネットスーパーのUXアプローチ」

ネットスーパーは土曜日に履修プログラムで題材になったものでした。
油断していたら浅野先生に質問を促されました・・・。
Web サービスを考える時に、「リアルのコンテキストも考慮する」とは別の意味で「現実世界の動きを持ち込む」ことも考えたいな、と。
あと、この 4 つのクリスタルもメモっておこう。

  • 職種の垣根を越えられた
  • みんながわかる書類をつくった
  • 密にコミュニケーションを取りまくった
  • お金がたくさんあった

とりあえず、ここまで書いて終わっておく子。

第3回情報デザイン教育研究会 報告(情報デザイン研究室)

第3回情報デザイン教育研究会 (togtter)

Home > WarlockReport > 第 3 回 情報デザイン教育研究会に行ってきました #infoedu

Page Top