Home > WarlockReport > 境界を超えた協創 ~bloom beyond the boundaries~ 基調講演編 #devlove

境界を超えた協創 ~bloom beyond the boundaries~ 基調講演編 #devlove

話しきれなかった部分をスライド解説として(括弧の数字はスライド番号)。

「境界を超えた協創 ~bloom beyond the boundaries~」というタイトルは、「~Seed to exceed boundary~」のテキストがベースになっています。

開発の現場が、より調和のある場とするために、何を始めるのか。
作り手と使い手にある境、作り手の中での境、
プロジェクト内にある境界を越えていくために、
自分たちが出来ることに何があるのか。

今回も僕にとって根底にあるテーマは同じでした。
何かを「創る」人たちにとっても常に存在する課題なのではないかとも思っています。
サブタイトルはドラ娘に調整してもらいました(1)。

基調講演では勉強会開催の経緯を自分自身の物語として伝えたいと思ったので、「どうしてコラボ勉強会をやるの?」という問いからの振り返りが始まります(4)。

まず「DevLOVE」とその「熱」について(6)。
前者については LT に任せた感がありますが(9)、後者は自分なりに言葉に起こしてみました(12)。

企業の枠を超えて集まった人たちが
そのコミュニティを自律的に動かすエネルギー

昔は簡単には起こりそうもなかったことが、インターネットというインフラとサービスによって確実に起り始めています。
かつて『ウェブ進化論』で語られた世界が、実際にやってきていると僕は認識しています。
@papanda さんというリーダーがいるとはいえ、DevLOVE というコミュニティはメンバーの自律的・有機的な動きによって運営されているといって良いでしょう。
これまでの「組織」の在り方との違いは、実際に参加して体感してみると分かると思います。

一方で、今でもなかなか変わらない、あるいは変われない「現場」というものがあります(16)。
そこにギャップと限界(17)を感じていました。

ここで一旦、自分たちの「本当の仕事」=「ミッション」に立ち返ってみます(20)。
「新たな人々のつながり」としましたが、言い換えると「境界によって隔てられているものをつないで新たな価値を生み出す」ことがミッションだと思っています(22)。
それを体現しているのが DevLOVE だったわけです(23)。

2008 Bridge、そして 2009 FUSION は正に「境界を超えた協創」だったのではないでしょうか(24~25)。

FUSION 以降、デブサミなどの熱にもあたることで、「Webエクスペリエンスを創る種」を描き、社内外で話をしました(27)。
ここで作り手して大切なことを4つのクリスタルとしてまとめました。
が、基調講演だと「コンテキストの無い方には伝わらない」ということで少し言葉を変えたので詳細テキストから少し離れた意味になっています(28~31)。
そして、そんな話ばかりでは前に進まないので、実際に勉強会などのアクションを始めました(33~36)。

それを加速させるために、今回の「場」を作ることにしました(38~40)。
忙しいと言っていては、いつまでたってもできないので(41~42)。

それに今回は良いタイミングでもありました。
スタッフが「境界を超えた」体験をして、その感覚を自分の中にもっていること(44~45)。
そして、去年、僕の心を最初に動かした人が、この機会を持ってきてくれたこと(47)。

全ての運命に偶然などない(48)。

そしてテーマである「境界を超える」についての話に入って行きます(50)。
具体例としても僕の課題を例に挙げたのですが(51~57)、なるべく自分事に置き換えて考えてもらいたいと思っていました(58~62)。

結びに向けて、入社してからのテンションというかモチベーションのようなもののグラフを出しています(64)。
振れ幅が大きいところが僕にとってのターニングポイントであり、DevLOVEに出会った時でもあります。
その後も当然、波はあるとして確実にレベルが上がった実感があります。

人も企業も右肩上がりに成長し続けるはずはありません(売上だけの話ではない)。
成長するためには、必ず遠回り(に見える努力とか、きっかけ)が必要なのだと思っています。
プログラマの方なら、ペアプロやテストケースで実感しているはずです。

『一番の近道は遠回りだった』
『遠回りこそが俺の最短の道だった』

そして、勉強会を「楽しんで」下さい、と(67)。

Home > WarlockReport > 境界を超えた協創 ~bloom beyond the boundaries~ 基調講演編 #devlove

Page Top