Home > WarlockReport > UXD と HCD

UXD と HCD

HFSB に向けた復習、というプロトタイピングの形をした半年遅れの「人間中心デザイン概論」序盤の振り返り。

UXD

UX - User eXperience(ユーザーエクスペリエンス)

ISO 9241-210:2010 での定義。

製品やシステム、サービスを使用、あるいは使用を予想した時の、人の知覚と反応。

  1. ユーザエクスペリンスは、使用前、使用中、使用後に起こる、すべてのユーザの感情や意見、好み、感じ方、身体的・心理的な反応、態度、達成感を含む。
  2. ユーザエクスペリエンスは、ブランドイメージ、見た目、機能、システムの パフォーマンス、インタラクティブシステムのインタラクティブな振る舞いと支援機能、事前の経験から生じたユーザの内的および身体的状態、事前の経験から生じたユーザの内的および身体的状態、態度、スキルとパーソナリティ、利用の状況の結果である。
  3. ユーザビリティをユーザ個人のゴールの視点から解釈する場合、ユーザビリティには、ユーザエクスペリエンスに伴って典型的に生じる知覚や感情などの側面を含むことができる。ユーザビリティの基準を用いて、ユーザエクスペリエンスの側面を評価することができる。

注意書きにより範囲が相当広くなっていますが、人間の「内面」に関わる概念。
現在の勤務先に入社し初めて UX という言葉を聞いた時は、「スゴイ UI」か RIA のことかと思っていましたが、横浜デジタルアーツとの共同研究や履修証明プログラム「人間中心デザイン」を経て、だんだん腑に落ちてきました。
最近は品質属性でありながらユーザーごとに異なる「ユーザビリティ」の方が「ユーザエクスペリエンスの側面を評価することができる」ということもあり、もやもやする感じです。

D - Design(デザイン)

「デザイン」も多義的。

デザイン【design】の意味 - 国語辞書 - goo辞書

UX デザインという時は、見た目や造形(スタイリング)を扱う「意匠」ではなく、「設計」により近い。
後述の HCD プロセスにおける、分析/企画/設計(+実装)/評価の各フェーズでの「活動」としても捉えられるが、もやっとする人は「設計」と意識しておくべし。

HCD

Human Centered Design(人間中心デザイン、人間中心設計)。
ISO 9241-210:2010での定義。

Approach to systems design and development that aims to make interactive systems more usable by focusing on the use of the system and applying human factors/ergonomics and usability knowledge and techniques

インタラクティブシステムをより使いやすくするために、「システムの利用」に着目し、人間工学やユーザビリティの知識や技術を適用した設計および開発手法(超訳)。

システムの利用に注目し、人間工学とユーザビリティの 知識・技術により、よりユーザブルなシステムを設計する(人間中心デザイン概論コースガイダンスより)。

ISO 9241-210:2010 の前身は ISO 13407。

ISO 13407 : Human-centred design process for Interactive systems

その 4 原則(引用元)。

  1. the active involvement of users and a clear understanding of user and task requirements(ユーザーの積極的な参加、及びとユーザー並びに仕事の要求の明解な理解)
  2. an appropriate allocation of function between users and technology(ユーザーと技術に対する適切な機能配分)
  3. the iteration of design solutions(設計による解決の繰返し)
  4. multi-discipilinary design(多様な職種に基づいた設計)

ISO 9241-210:2010 : Ergonomics of human-system interaction - Part 210: Human-centred design for interactive systems

9241-210:2010 で 6 原則に。

  1. ユーザー、タスク、環境の明確な理解に基づいたデザイン
  2. デザインと開発全体へのユーザーの参加
  3. ユーザー中心の評価によるデザインの実施と洗練
  4. プロセスの繰返し
  5. 全体的なユーザ体験(UX)をもたらすデザイン
  6. 学際的なスキル・視点を含むデザインチーム
  1. The design is based upon an explicit understanding of users, tasks and environments
  2. Users are involved throughout design and development
  3. The design is driven and refined by user-centred evaluation
  4. The process is iterative
  5. The design addresses the whole user experience
  6. The design team includes multi-disciplinary skills and perspectives

と、改訂の際に UX の定義と UX に関する HCD 原則が追加された他、名称が HCD 「プロセス」から HCD そのものに変更、対象が「サービス」を含むインタラクティブシステムに拡張。

「繰り返しプロセス」「ユーザー参加型」「職能横断チーム」などは HCD と「アジャイル」に通ずるものがあるのを示していますが、この辺はまた別のところで。


関連リンク

履修証明プログラム「人間中心デザイン」説明会
人間中心デザイン概論1 歴史と規格|馬車道日記

ユーザビリティを取り巻く規格 - U-Site
HCDとUCD - U-Site

NHN Japanでユーザ評価・ワークショップ | 情報デザイン研究室(最後のアーカイブリンクが私にとって高いユーザビリティを提供している)

Home > WarlockReport > UXD と HCD

Page Top